• トップページ
  • 成田空港周辺地域をよくする活動 多古光湿原保全及び観光振興事業

成田空港周辺地域をよくする活動 多古光湿原保全及び観光振興事業

2016年夏、広く一般から「成田空港周辺地域の共栄につながる協働事業」を募集しました。
選定された事業は、事業実施団体と共生・共栄会議の共栄ワーキンググループが協働で実施してまいります。

update:2017.06.19

第2回写真展と講演会の実施
●写真展●
期間 平成29年5月23日(火)~6月4日(日)
場所 多古町コミュニティプラザ展示ホール
来場者 400名程度
●講演会●
日時 平成29年6月4日(日)14時から開催
場所 多古町コミュニティプラザ3階多目的ホール
演題 「多古光湿原 植物と自然」
講師

谷城勝弘氏 「多古光湿原の成り立ちと歴史」
市原通雄氏 「湿原の主な植物と保全保護活動について」

来場者 70名程度

多古光湿原保全会 平山会長
 3地域(多古町、横芝光町、芝山町)で開催予定の写真展と講演会の第1回目を多古町で開催しました。
 想像以上の方が来場され、多くの方から感動のメッセージを頂戴しました。

  • 第2回写真展と講演会の実施
  • 第2回写真展と講演会の実施
  • 第2回写真展と講演会の実施
  • 第2回写真展と講演会の実施
  • 第2回写真展と講演会の実施
  • 第2回写真展と講演会の実施
  • 第2回写真展と講演会の実施
  • 第2回写真展と講演会の実施

update:2017.05.03

第1回観察会を実施しました
日にち 平成29年5月3日(水)
参加者 70名程度

多古光湿原保全会 平山会長
 5月3日に第1回目の観察会を行い、70名程度の方が参加されました。
 多古町側と横芝光町側の2グループがそれぞれ湿原の中央まで講師の説明を聞きながら観察をするという方式です。
 現在、あまり派手な花は咲いていないので、初めての方には少し退屈だったかもしれませんが、サワオグルマの群落を見ていただけましたので良かったのではないかと思います。
 当然予想していたことですが、これだけたくさんの人が立ち入ると植物も踏み荒らされ、今後の課題となりました。湿原北側に設置予定の湿原植物園をなるべく早く完成させ、歩道以外には立ち入らないようにする必要性を感じました。

  • 第1回観察会を実施しました
  • 第1回観察会を実施しました
  • 第1回観察会を実施しました
  • 第1回観察会を実施しました
  • 第1回観察会を実施しました
  • 第1回観察会を実施しました
  • 第1回観察会を実施しました
  • 第1回観察会を実施しました

update:2017.01.16

プロジェクト決定

第一次審査、第二次審査(プレゼンテーション)を行った結果、次の事業を「成田空港周辺の共栄につながる協働事業」として選出し、協定書の締結を行いました。

事業名

多古光湿原保全及び観光振興事業

実施団体

多古光湿原保全会

事業対象地域

多古町・横芝光町

事業内容 貴重な動植物の生息地である多古光湿原を開発や荒廃から守るため次の事業を行う。
①パンフレットの作成、及び配布を行う
②観察会や保全の為の管理作業
③湿原へ関心を深める写真展や講演会を実施する

※HPを立ち上げました!
 写真展や講演会等のお知らせにつきましては 【多古光湿原保全会HP】からどうぞ